失敗しないために知っておきたいソーシャルレンディング
2016.05.26

subimg03失敗しない知識として、ソーシャルレンディングをするなら、ある程度の投資の経験が必要でしょう。何故なら、仲介させずに資産運用するからです。素人が手を出すと失敗するのが株を使う資産運用になります。例えば、普通、株を買うなら、株を扱うプロの金融会社が仲介をしています。金融のプロが値の上がりそうな商品を薦めてくれるので、リスクは余り感じません。

一方、新しいサービスは仲介業者を介さないので自分で投資する商品を選ぶことになります。選ぶ基準は自分の評価なので、投資の知識は必要不可欠でしょう。新しいサービスは2005年の外国のやり方で、ネットで企業への個人の融資がルーツです。一時期、話題になったクラウドファンディングと名前が似ていますが、クラウドファンディングとは異なります。クラウドファンディングはネットで企業へ融資する所は同じですが、資産運用は目的ではありません。例えば、クラウドファンディングでお金を融資したら、会社の作る商品が貰える、または安く手にいれる事が可能になります。クラウドファンディングを資産運用の形にしたのがソーシャルレンディングと言えます。

本国でも、運営企業が出てきており、一部の人の中で話題です。企業はお金を貸しても返して貰えなくなったら、お金を貸した本人の代わりに回収する役目があります。運営会社は厳しい審査があり、利用者が困る事態に陥らないように成っています。金融を扱うのは銀行か、消費者金融が一般的でした。銀行で融資する人は、敷居の高さに面倒臭く感じる人もいます。また、消費者金融で借りる、融資するのは暗いイメージが付きまといます。銀行と消費者金融の間にあるのがソーシャルレンディングサービスで注目されています。ネットを介すため、人件費は少なく済み、金融の流通の革命が起きるサービスと言われ、誕生しました。新しいサービスは海外のやり方を本国ですると、法的な問題があります。法的な問題を無くし、本国に合ったサービスの運用が望まれます。近年、始まったばかりのサービスですが、市場規模はどうでしょう。海外も含めた全体の規模は貸付、投資ともに大きく成っています。2013年の投資の規模の具体的な数値は、50数億ドルでした。全体の規模は拡大傾向であり、順調な出足でしょうか。今後、本国でも金融取引の主流に成る事が期待されます。金融サービスの中で、カジュアル過ぎず、堅苦しくない、また、ネットを介し、余計な料金がかからない理想を実現したサービスが2016年、運用されています。

▲ ページトップへ